メイドインジャパンの心地いい暮らしをつくる定番品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三郷の雑貨屋ブランチエムスピカホームのブログです。

 

今日の夕飯は何にしようかな。。。
毎日のお買い物って大変ですよね。

最近はエコバックをレジで出す風景をよく目にします。

私が10年以上愛用している篠竹市場かご☆
とっても軽くて丈夫!持ちやすい。

レジでかごを出して直接食品を入れてもらいます。
手間も省けて楽ちん(^^♪

「いい」と思ったお気に入りを大切に永く使う。

心地よい暮らしをつくる定番品。
あなたはいくつ持っていますか?

 

 

篠竹市場かご

岩手県の山間部で採れる丈夫でしなやかな篠竹を使って熟練の職人さんがひとつずつ丁寧に編み上げた
元祖!買い物バック。東京の台所、築地市場などでは、プロの料理人が食材の仕入れに利用しているのを見かけます。

大根や長ネギが似合うのは、やっぱり市場かご。
マチがたっぷりあって食材がつぶれることなく収まります。
スーパーの買い物かご、たっぷり1個分が入ります。

IMG_0688

 

 

竹鬼おろし

「鬼おろし」そのいかつい名前の由来は、刃が鬼の歯のようにならんでいることから。
竹の産地、大分県で作られている竹鬼おろしは、自然素材の形状をそのまま活かした見た目の美しさだけでなく、大根おろしが一段とおいしくなってしまう魔法の道具です。粗めの刃が繊維を壊さないので、歯ごたえがあってふわふわの大根おろしができます。

竹は自然と落ち着いた色味に変わってきます。
見える場所におきたい。永年、愛用したい台所道具です。

IMG_0846

 

 

ガラス醤油さし

ほんのりと緑がかったガラスと、どっしりとしたフォルムがどこかレトロな雰囲気。
毎日食卓に並ぶものだからシンプルで実用的なものが一番!
傾けばスーッと細く出て、戻せばサッと切れよく止まり液だれしません。
永く活躍すること間違いなしです。

IMG_0872

 

メイドインジャパンの定番品。

気張らずに日本の素材を使い、日本で作られた良いものを。

 

身の回りのもののこと・・・
少し丁寧にしていく第一歩になりそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*